賃貸でルームシェア

賃貸物件をシェアして住む


トップ » 賃貸物件をシェアして住む

賃貸住宅でプチシェアハウス

最近では、シェアハウスが流行しています。少し広めの賃貸住宅を借りて、数名で部屋を分けて住むという形式です。一人では狭い部屋で不便な場所にしか住めなかったり、何かあった時に心細かったり、話し相手が欲しいさみしさがありますが、複数で住めばそれも解消されます。賃貸住宅で複数シェアを禁止している物件も勿論あります。2人同居で入居時や退去時のトラブルがある場合、不動産屋はそれに介入することを嫌う為、最初から禁止しているのです。ですが、最近は複数入居を前提として貸し出している物件も増えてきました。同居人と気が合うなら、楽しい毎日が待っています。

同居人と新しい部屋を探す

私は現在ルームシェアをしています。同居人と相談して、もっと広い部屋に移ることにしました。賃貸物件では、ルームシェアが許されている物件がなかなか無くて探すのに苦労しましたが、広さも丁度いい物件が見つかったので引っ越すことに決めました。費用は、話あって折半することにしました。まだ新しい物件で、お互いに大満足でした。休みの日に協力して引越し作業を行い無事に引越しも完了しました。部屋割りはじゃんけんできめて、リビングは共有でその賃貸物件でくらしています。幼い頃からの同級生で仲もいいのですが、家具の趣味があったり価値観が近いところもありルームシェアはかれこれ4年目です。これからもよろしくという感じでカンビールで乾杯して終わりました。

金太郎
安産•成長祈願ブログパーツ